EMiKO VOiCE


ジャズ・
ボサノバボーカリスト
ボイストレーナー
ヨガインストラクター

 

5歳よりNHK児童合唱団で歌い始め、

NHKテレビ&ラジオに他数出演。
早稲田大学と
米国ボストンのバークリー音楽大学 を

卒業後、ニューヨークに渡り、

ジャズ歌手として活躍。

 

2003年帰国。


帰国後、

さいたま新都心ジャズボーカルコンテスト でグランプリ、

神戸ジャズボーカルクィーンコンテストで準グランプリを受賞。

 ジャズピアニストスガダイローとのデュオで

上野ジャズイン2012に出演、CD3枚DVD1枚リリース。

 

2017年、和のテイストを取り入れたジャズCD
「Carta~手紙~」ジパングレーベル)を発表。
又2019年8月には、「Blackberry Dreams」(New Truth Records)を発表。

JaZZ JAPAN, ジャズ批評、ミュージックマガジン誌 等各誌で
絶賛を浴び,話題作となっている。

  

一方、ボサノバ・サンバなどの

ブラジル音楽にも深く傾倒し、
歌をLuciana Souza

ダンスをjorge Watanabeに師事。

 

何度もブラジルに滞在し、

語学とサンバダンスの研鑽を積んだ。

 

ギタリスト助川太郎との

ブラジル音楽ユニットメヲコラソン

2003年から継続。

邦人最高峰のブラジル音楽ユニット」

(by ディスクユニオン)
と言われるまでに成長した。

 

ボーカル講師としては、

2005年からNHK文化センター八王子校、

NHK文化センターさいたま新都心校
宮地楽器ミュージックジョイ(渋谷)
宮地楽器ミュージックジョイ(府中)
カンタンテリリカ(中野)

などでも指導中。

 

確かな音楽的知識と技術を兼ね備えた、

丁寧な指導で定評がある。

 

vocalist EMiKO VOiCEを更に知りたい方は
 EMiKO VOiCEのHPへ